脱毛することによってうぶ毛が濃くなることがあるって本当?

脇脱毛 口コミ

脱毛をすることでうぶ毛が濃くなる、という話を聞いたことがありますか?ムダ毛をなくすためにサロンやクリニックで脱毛をするのに、却って毛が濃くなるなんて・・・。でも、これ本当のことなのです。ここでは、脱毛をおこなうにあたり知っておくべきリスクの一つ、脱毛によってうぶ毛が濃くなる原因と対策などについてまとめています。これから脱毛を始めようと考えている方は一読し、理解を深めてくださいね。

脱毛後にうぶ毛が濃くなるのはなぜ?

脱毛後に毛が濃くなる硬毛化について

脱毛後にうぶ毛が濃くなる現象を医学用語では硬毛化といいます。硬毛化は、光脱毛やレーザー脱毛の熱により毛根にダメージを与えることで生じると言われています。ただし、脱毛をおこなったからと必ず硬毛化になるわけではなく、むしろ硬毛化になる人の方が少ない現状です。また脱毛の種類によっても硬毛化になるかならないかは違ってきます。

脱毛と硬毛化の関係

脱毛の種類には、光脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛などがありますが、全ての脱毛が硬毛化につながるわけではありません。硬毛化になるのは、光脱毛やレーザー脱毛のように、マシンから放出される熱によって毛根にダメージを与える方法の脱毛に限られます。
どうして、この脱毛が硬毛化につながってしまうのでしょう?

硬毛化のメカニズムについて

脇脱毛 口コミ

光脱毛とレーザー脱毛で硬毛化になるのはなぜ?

光脱毛やレーザー脱毛によって、一部のうぶ毛が硬毛化してしまうという事実はありますが、実のところ、なぜ光脱毛やレーザー脱毛によってうぶ毛が濃くなるのか?というメカニズムについては、いまだ解明されていないのです。医学の研究では、人命に関わる内容が優先され、需要も高くなるため、実際に人の命に関わらない硬毛化においては、さほど重要視されず研究が進められないというのが本音になります。

とはいえ、脱毛が一般的になりつつある現在では、脱毛と硬毛化の関係について、美容皮膚科医や脱毛マシンを扱うメーカーなどが、研究を進めていて、以前よりは、脱毛が硬毛化を引き起こす原因について具体的に分かってきているようです。そのうえで脱毛における専門家や関係者などは、次のような見解を示しています。

光脱毛やレーザー脱毛は、マシンから放出される特殊な光やレーザーを皮膚に当てることで、メラニン色素に反応し、光熱エネルギーに変わることで毛根にダメージを与える脱毛方法です。光脱毛やレーザー脱毛の特徴として、メラニン色素が濃い部分には、光やレーザーが反応しやすいというのがあるため、毛が濃いほど脱毛効果が高くなります。逆に、うぶ毛などのメラニン色素が薄い毛の場合には、光やレーザーを当てても中途半端なダメージしか与えられず、却って毛根が活性化してしまい、この毛根の活性化が硬毛化につながると考えられています。

また、もう一つの見解として挙げられているのは、光もくしはレーザーを同じ部位に何度も照射することで、本来はメラニン色素が薄く弱い毛根細胞なのに、耐性ができてしまい、メラニン色素の濃い丈夫な毛根になってしまうことで、硬毛化につながるのでは?と考えている専門家などもいるようです。

いずれにしても、脱毛と硬毛化の関係については、先述のようにハッキリと解明されていないので、このような理論が正しいとは言い切れませんが、多くの医療関係者や脱毛関係者の間では、光脱毛・レーザー脱毛によって硬毛化になるメカニズムは上記のことが主な原因ではないか?と言われています。

硬毛化を起こしやすい部位

硬毛化になるのはうぶ毛に限られます。濃いムダ毛(ワキ毛やVIOラインなど)には光やレーザーは強く反応をするので、一度で確実に毛根にダメージが与えられるからです。これを考えると、うぶ毛のような細くて薄い毛が生える部位に硬毛化が起こることになります。具体的には、手の指・背中・うなじ・、額の生え際などになります。

ただし、毛の濃さや濃い毛が生える部位などには個人差もあり、なかには、指の毛が生まれつき濃い人もいれば、ワキの毛が薄い人などもいるため、硬毛化を起こしやすい部位は、うぶ毛が生えているところだが、その部位は人によって異なるというのが正しいと言えます。

うぶ毛が濃くなるのはよくあること?

脇脱毛 口コミ

硬毛化になる確率は低い

アメリカの脱毛機器製造会社、キャンデラ社の調査報告によると、光脱毛もしくはレーザー脱毛による硬毛化発生の確率は、全体の7~8%程度という結果が出されています。100人脱毛したらそのうち7~8人が硬毛化になるということですね。また、スペインにあるレーザー脱毛のクリニックでは脱毛患者の約10%に硬毛化の症状が見られたというデータが出されています。これらの結果を見る限りでは、脱毛によってうぶ毛が濃くなるのは、少ないと言えます。

脱毛前に硬毛化は予測できるの?

脱毛をする前に、自分は硬毛化になるのか、ならないのか?知ることができれば良いのですが、残念なことに、硬毛化になるかどうか?というのは、実際に脱毛をしてみないと分からないのです。また、硬毛化にはさまざまな状態があり、個人差もあります。脱毛をした毛のなかで1~2本だけが硬毛化になることもあれば、脱毛範囲のほとんどが硬毛化してしまうこともあります。

硬毛化の対策について

脇脱毛 口コミ

硬毛化は治るの?

確率としては決して高くはない脱毛による硬毛化ですが、実際になってしまったらどうしよう!と心配してしまう女性も少なくありません。もしも、硬毛化になってしまった場合には、いくつかの方法で改善できる可能性がありますが、どの改善策が良いのか?というのは、肌質などによっても違うので、一概には言えません。このため、サロンやクリニックとよく相談をして、決めるのがベストになります。

硬毛化の改善策

脇脱毛 口コミ

脱毛マシンの出力レベルを上げる

硬毛化は光やレーザーのダメージ力が弱いことで毛根が却って活性することが原因と考えられているため、硬毛化をおこした時のマシンのエネルギー出力よりもさらに高い出力数にして脱毛をすることで、毛根に強いダメージを与えれば、硬毛化がなくなると考えられます。ただし、脱毛マシンの出力数には限界があり、また、あまりにも高い出力数にすると、やけどをおこす心配なども出てくるため、数回試して効果がなかった場合には、ほかの方法に変えることになります。

脱毛マシンを変える

サロンやクリニックでは、複数の脱毛マシンを扱い、お客様個人に合わせた施術をしています。それぞれのマシンごとに、光やレーザーの照射方法や、出力レベル、波長などが異なります。私たちの毛根は人それぞれ個性があり、同じではありません。このため、同じマシンで脱毛をした場合でも、硬毛化になる人とならない人がいます。逆に言えば、硬毛化になってしまった場合でも、マシンを変えて脱毛をすることで、硬毛化が治ることもあるため、硬毛化になってしまった場合にはマシンを変えて改善を試みるサロンやクリニックも多くあります。

一時的に脱毛をお休みする

光脱毛やレーザー脱毛の熱により毛根が活性化してしまうことが、硬毛化の原因ですから、原因となる光やレーザーの照射をやめることで、毛根の活性化はなくなり徐々に太い毛は生えなくなり、やがて細い毛に変わってきます。この方法はムダ毛の状態をもとに戻すだけなので、うぶ毛自体はまた生えてきてしまい、本来のムダ毛をなくす脱毛という意味で考えるとスタート地点に戻ることになりますが、一度スタート地点に戻った状態で別の脱毛方法をおこなうことで、硬毛化が改善されることもよくあります。

ニードル(針)脱毛に切り替える

脇脱毛 口コミ

硬毛化を確実に改善、または無くしたいのなら光脱毛やレーザー脱毛ではなく、ニードル脱毛に切り替えるのがベストです。脱毛に携わる専門家や医師などの間でも、硬毛化改善にはニードル脱毛が一番!と言われています。

ニードル脱毛は、針(ニードル)を毛穴に刺して、針に電流を流し毛根を焼いてダメージを与える脱毛方法です。ニードル脱毛は、針で直接、毛根細胞にダメージを与えるため、メラニン色素の薄いうぶ毛であっても硬毛化することなく脱毛が可能になります。

ただし、ニードル脱毛の施術では、毛穴の一つ一つに手作業で針を刺して電流を流す作業になるため、1回ずつの施術時間も光やレーザー脱毛に比べてかかりますし、予算も高くなります。

こうしたことから、ニードル脱毛をおこなう考え方として、通常の光脱毛やレーザー脱毛で、硬毛化をしてしまったムダ毛だけをピンポイントでニードル脱毛にするという方法を考えるかたも増えているようです。ニードル脱毛の料金設定は施術した本数で計算するのが一般的なため、数本程度の施術であれば無理のない料金となります。ただし、ニードル脱毛をおこなっているサロンやクリニックは光脱毛やレーザー脱毛ほどの数は存在しないため、自分が通っているサロンやクリニックでニードル脱毛を扱っていない場合には、改めて探す必要があります。

硬毛化になっても安心できるサロンやクリニックを探しましょう

脇脱毛 口コミ

サロン・クリニックでの硬毛化対応

硬毛化になってしまった場合、サロンやクリニックでの対応はさまざまです。実際には、硬毛化になる人は少なく、なってしまったとしても人によってそれぞれ状態が異なるため、先ずは硬毛化の状態を診て、対策を考えるというサロンやクリニックがほとんどです。信頼のできるサロンやクリニックでは万一の硬毛化に備えて、ある程度の硬毛化対策は考えているのが通常ですので、契約前の無料カウンセリングでは、硬毛化が起きてしまった場合の対策などについても尋ねてみると良いでしょう。

硬毛化保証があるサロン・クリニック

脱毛クリニックのなかには、硬毛化の保証制度を設けているところもあります。なかでも、硬毛化保証で評価が高いリゼクリニックは、脱毛期間中に硬毛化になってしまった場合、そこから1年間お休みをしてもいつでも無料でまた再度脱毛が開始できる制度をとっています。これにより、万一硬毛化になってしまった部位でも、一度ゆっくり休んで改めて照射ができるため、硬毛化のリスクが少なくなります。ほかのクリニックに関しても保証をおこなっているところがあるため、確認をしてみると良いでしょう。

また、サロンに関しては硬毛化保証とは言っていないものの、已む得ない事情で一時的に脱毛をお休みする場合に、一時休止制度を設けているサロンなどもありますので、そうしたサロンに通えば、万一硬毛化を起こしてしまった場合でも、お休みできるので安心ですね。